前へ
次へ

国税事務従事者への税理士試験免除について

税理士は税法の専門家として、「税務代理行為」、「税務書類の作成」、「税務相談」などの業務を行います。税理士になるには、毎年実施される税理士試験に合格する必要があります。税理士試験は、弁護士試験、公認会計士試験に次ぐ、難易度の高い国家資格試験となっています。税務署に23年以上勤務し一定の研修を受けた国税事務従事者は、税理士試験が免除されています。この一定の研修とは、税理士法に定められた研修であり、税務大学校における本科研修、専科研修とされています。また、税務署に15年以上勤務した場合には、税理士試験科目のうち税法科目が免除されています。そのほか、大学院において税法や会計学の修士又は博士の学位を取得した者は、条件を満たした場合には、試験科目の一部が免除される場合があります。

top用置換

top用置換2
Page Top